情報化社会の中でデータと上手く付き合っていく方法

データ入力の代行

データ入力代行依頼の方法と相場

名刺や名簿のデータの電子化やアンケート結果の入力といった作業を外注することが広く行われるようになってきています。データ入力代行業者が広まってきたことにより、それが容易になってきたからです。一方で、クラウドを用いたアウトソーシングも広まってきており、それを利用して小遣い稼ぎをする人たちも増えてきました。そのため、データ入力代行を依頼する方法としてクラウドアウトソーシングを利用する道も生まれてきています。 データ入力代行業者に依頼すると1項目1円〜5円程度の費用がかかるのが一般的です。一方で、クラウドを用いて一般の人にアウトソーシングすると、そのやり方によっては数項目で1円程度まで費用を抑えることができます。

低価格化とサービスの向上の2つの流れ

クラウドを用いたアウトソーシングを利用することによって費用が大きく抑えられる傾向があり、担い手も増えてきていることから早さの面でもメリットがあります。しかし、その品質に関して問題が生じるリスクがあるためダブルチェックが必要になり、そのために人員がさらに必要となります。その二重体制が必要となるため、費用が嵩んでしまう場合も稀にあります。しかし、概してデータ入力代行業者に依頼するよりは低価格で発注することが可能です。また、比較的新しい試みであり、担い手が多いことから徐々に低価格化も進んでいる傾向があります。 これに対してデータ入力代行業者側はそのサービスの多様性と信頼性を重視する傾向が強まっており、価格面よりも内容で生き残りをかけるようになっています。